2005年08月16日

「燃えてみないか今を!」(松本育夫)

このブログのタイトルは「明日のための読書日記」です。
この気恥ずかしいタイトルにふさわしい本を今日は推薦したいと思います。

これから書く文は広告のコピーじゃないです。
心の底からの本音で語ります。

日本は資本主義、それもかなり病んだ社会だから、
もう、何でもかんでも話題をつくって、
売らんかなで、じゃんじゃん本を出版しているんですよね。

そして、良書を扱う会社は次第に倒産したり、方向を変えてゆく…。

本題に戻ります。

著者は松本育夫さんです。
ご存知ですか?
知らない方も知っている方も、この本を読んでほしいと思います。

ひょっとして、根性とか、情熱を大事にしないという説教ですか?
などと斜に構える人もいるかもしれないですね。

もう世の中、最悪のところまできてるんですよ。
集団自殺や猟奇殺人が頻発してるけど、
それは、資本主義の権化である大手企業と、それと手を組んだ政治家たちに、
おしつぶされてゆきそうな人々の悲鳴に似た行為だと私は思っています。
だから、私も明日は危ないと感じる時もしばしばで…。

また話がそれそうですが、
松本育夫さんは、そういう負けそうな人々を心底から励ましてくれます。
私もサッカー狂ということから離れて、人生の書として泣きました。
こういう本は絶対にベストセラーにはなりません。

どうせこう書いても、この本を買う人とかコメントを発する人も、
一人もいないでしょう、たぶん。
これから、アマゾンで探してみますが、
ひょっとすると絶版になっているかもしれません。
その時は、中古でもいいから買ったほうが…、
結局は奨めているし、期待してるんですよね。
こういう本で感動したという人の声を聞きたいんですよね。
だから、駄目だと思いながら、こうして書いているんですよ。

内容は、彼がガス爆発に巻き込まれ大火傷を負ったところから始まり、
釜本や杉山といった往年の名選手といっしょに五輪に出たことなどのサッカー人生が
熱く語られます。

それだけなら大したことないじゃないの?
とんでもない、この本には、
おそらくは今の日本人が忘れてしまってる一番大切なことが語られていると、
私は断言したい。

長くなりましたが、
ぜひ一人でも多くの方が、この本を読まれることを心から望みます。

●松本育夫の本をアマゾンで探す。

●小説・エッセイなどは、楽天が探しやすい。
★「小説・エッセイ」売れ筋ランキングはこちら。

★「本・雑誌」の売れ筋ランキングはこちらです。

★「エンタテイメント」売れ筋ランキングはこちら。
 
面白い本はランキングで探す。


posted by オグ at 18:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 明日のために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。